たこ飯

たこ飯

たこめし

やわらかくて食べやすい漁師飯

愛媛のタコは柔らかいよ!

普通は噛み切りにくいとされるタコですが、瀬戸内海産のタコは柔らかく、食べやすいのが特徴です。

刺身、煮物、焼き物、酢の物、揚げ物など、どんな料理にしても人気の食材の一つですが、 松山では特にご飯と一緒に炊き込む『たこ飯』が人気で、旬の時期には、期間限定の専門店が出てファンを喜ばせています。

春先には、『木の芽ダコ』と呼ばれる300グラム程度の小ダコが出回り、小ぶりですがうまみがぎゅっと詰まっており大好評です。

漁師飯から生まれました

たこ飯は、タコの味が良くなる春から夏にかけて食べるのがおすすめの料理です。

もとは漁師飯で、タコのおいしい土地には郷土料理として伝わっています。その中でも松山市の今出(いまず)港は、色がきれいでおいしいタコが揚がることで有名です。この港の沖は、タコのエサとなるエビや貝などが豊富で潮の流れも早いため、身が締まっておいしいタコが獲れるのです。

生きたタコを使う松山のたこ飯は、うまみと風味が抜群です。食べ始めるとおかわりが止まらなくなりますよ。

お問い合わせ先

名称
たこめし三原たこめしみはら
住所
愛媛県松山市西垣生町1707-2
電話番号
089-971-0907
名称
太田屋おおたや
住所
愛媛県松山市北条774
電話番号
089-993-0021
公式サイト
http://nttbj.itp.ne.jp/0899930021/(外部サイト)
名称
道の駅 風早の郷 風和里みちのえき かざはやのさと ふわり
住所
愛媛県松山市大浦119
電話番号
089-911-7700
公式サイト
http://www.fuwari.or.jp/(外部サイト)

このページのトップへ