レモンポーク

レモンポーク

れもんぽーく

レモンの島で育った極上の豚

レモンポークで島内循環!?

『青いレモンの島(R)』岩城島では、温暖な気候・潮風をたっぷり浴びて元気な豚が育てられており、この豚から『レモンポーク』が生まれます。青いレモンの島(R)で育てられていることからレモンポークと名付けられました。

この豚たちは、島でとれたレモンの絞りかすを、11月~7月頃に食べて育っています。レモンを飼料に混ぜることで、豚の風邪予防に効果的です。

今まで廃棄処分されていたレモンの絞りかすを飼料にすることで、豚の排泄物が有機堆肥になり、有機堆肥を使った畑で、おいしい食べ物ができるという島内での理想的な循環ができあがっているのです。

岩城島から生まれた極上のおいしさ

レモンポークの特徴は、ジューシーで柔らかく、程よいサシが入っていて、脂肪が甘いことです。おいしい豚肉を作るために飼料にこだわり、365日健康チェックを欠かさず、毎日我が子のように愛情を注ぎ、育てています。

レモンポークを使った料理は島内の各店で提供されていますが、『しまでCafé』で使う肉は全てレモンポーク。ハンバーグ、ソテー、摘み菜スパゲッティなど豊富なメニューの中でもレモンポーク丼は一番人気です。特製の甘辛のうまダレを絡めた肉がボリューム満点でごはんと絶妙に絡んでいます。ランチタイムには、お店に入ったらメニューを見なくてもレモンポーク丼と注文するお客さんも多いそうです。

また、岩城の特産品を取り揃えている『岩城物産センター』では、目玉焼きが乗ったレモンポーク丼を提供しています。

お問い合わせ先

名称
株式会社いわぎ物産センター
住所
愛媛県愛媛県越智郡上島町岩城2586
電話番号
0897-75-3288
FAX番号
0897-75-3289
公式サイト
http://www.aoilemon.com/(外部サイト)
名称
松浦農場まつうらのうじょう
住所
愛媛県越智郡上島町岩城5201-1
電話番号
090-9501-8325
FAX番号
0897-75-3076
公式サイト
http://www.lemonpork.com/(外部サイト)

このページのトップへ