坂の上の雲シリーズ

坂の上の雲シリーズ

さかのうえのくもしりーず

司馬遼太郎記念財団認定商品

『坂の上の雲』で新しいの街づくりを

愛媛県の県庁所在地でもある松山市は、小説『坂の上の雲』を軸とする『21世紀のまちづくり』を推進しており、松山商工会議所でも『坂の上の雲』を活用した観光振興事業に取り組んでいます。平成20年に小説の商標権を持つ司馬遼太郎記念財団からの許認可業務を受託し、商品化を希望する企業を対象に『坂の上の雲』の名称を使用した新商品の開発を進めています。

募集部門は菓子、海産物、飲料(非アルコール)、麺類、タオルという愛媛県ならではのもの。品質はもとより、タオル以外の応募資格には松山市近郊に本店を置く事業者であることなど細かい条件があります。応募条件は1社1品目で、新たに開発された自社製造の商品に限ります。すでに販売されている10品目のうち、お菓子は松山市内の老舗3社が手がけています。

愛媛ならではの果物を使った和菓子

全国的に見ても珍しい同じ名前を冠したお菓子は、それぞれが伊予柑や梅を使った和菓子で個性的です。

一六本舗が手がける『坂の上の雲』は伊予柑乳菓で愛媛特産の伊予柑とミルクをたっぷり混ぜ込んで、ふんわりとした雲の形に焼き上げています。伊予柑の爽やかな香りとミルクの風味、しっとりやさしい食感が楽しめます。

うつぼ屋は伊予柑風味のしっとりしたお菓子。大納言小豆が大地を、浮き島生地の中に伊予柑ピールを入れることで空に浮かぶ夕焼け雲をイメージしています。味はやや甘めですが、上品で高級感があります。

亀井製菓は明治という熱き時代の高揚感を甘酸っぱい梅で、また、若者たちが掴もうとする一片の雲をホワイトチョコレートで表しています。厳選した愛媛県産の梅を一個丸ごと入れ、甘さを抑えた白あんと乳菓生地で包んだ焼饅頭です。

お問い合わせ先

名称
株式会社 うつぼ屋かぶしきがいしゃうつぼや
住所
愛媛県松山市平田町230
電話番号
089-978-1611
FAX番号
089-978-1612
公式サイト
http://www.utuboya.co.jp/(外部サイト)
名称
株式会社 一六本舗かぶしきがいしゃいちろくほんぽ
住所
愛媛県松山市東方町甲1076-1
電話番号
089-963-5716
FAX番号
089-963-5825
公式サイト
http://www.itm-gr.co.jp/(外部サイト)
名称
亀井製菓 株式会社 かめいせいかかぶしきがいしゃ
住所
愛媛県松山市枝松1丁目5-39
電話番号
089-931-5051
FAX番号
089-931-5064
公式サイト
http://www.kameiseika.jp/(外部サイト)

このページのトップへ