きじトロぷりん

きじトロぷりん

きじとろぷりん

地元産にこだわった濃厚な口あたりの一品

鬼北名産のきじの卵で新たなプリン

鬼北町の特産品でもある『きじ』。その卵を使った『きじトロぷりん』は、山里の美しい景色が広がる鬼北町の国道320号線沿いに建つレストラン『憩ふ食空間 風』のオリジナル商品です。平成22年から販売しており、産卵期の4月から7月まで、店頭もしくは持ち帰りで味わうことができます。

鬼北町では毎年約8000羽のきじを孵化(ふか)させていますが、きじ農家は新たな卵の活用法を模索していました。きじの卵は特にアミノ酸が豊富な食材です。きじ農家でもある地元商工会役員から風の経営者である松﨑さん夫婦に「きじの卵を使ってプリンを作らないか。」と声がかかった事をきっかけに、全国でもここにしかないきじトロぷりんが生まれました。

プリン1個にきじの卵を1個使用

きじトロぷりんの材料は新鮮なきじの卵、牛乳、砂糖、塩です。試作を重ねた松﨑さん夫婦は、口当たりの良さから蒸し上げという調理方法を採用しています。「初めは強火、後で弱火にして。その時その時の固まり具合を見て、蒸し加減を変えるんです。」と言うだけに、調理中は細心の注意が必要です。また、地元牧場の牛から搾った、生乳100パーセントの牛乳を使用していることもこだわりのひとつです。

自然豊かな環境で育てられた鬼北のきじ肉は熟成した旨みが自慢。その卵は産卵期も短く大変貴重なものです。プリン1個にきじの卵1個を使用しており、ネーミング通りトロリとした食感、濃厚でありながら、優しい甘さで、最後のカラメルまで、食べていてとても幸せな気持ちにさせてくれます。

お問い合わせ先

名称
憩ふ食空間 風いこふしょくくうかん かぜ
住所
愛媛県北宇和郡鬼北町下大野14-4
電話番号
0895-48-0300
FAX番号
0895-48-0300

このページのトップへ