ブラッドオレンジラスク

ブラッドオレンジラスク

ぶらっどおれんじらすく

ラスクになった幻の味

ブラッドオレンジの実と果皮をトッピング

酒井了子さんが代表を務めるラスク工房Leila(リラ)はもともと昭和30年創業のパン屋さんで、学校や病院にパンを納品していました。以前から生の果物をそのまま練り込んだ『みかんパン』が有名で、ある日、吉田町ブラッドオレンジ部会から、ブラッドオレンジをパンにして欲しいという依頼を受けます。

ところが生地を練っている時点で果実に含まれるアントシアニンがどんどん崩れていき、みかんパンのような色が出てきません。ブラッドオレンジの赤色が消える原因を調べてみると、アントシアニンは加熱処理すると一定の温度で分解されることが判明しました。そこで酒井さんたちは、20数年前から製造しているラスクに活路を見出し、試行錯誤を繰り返した末に、独自の製法で作った果皮と実をトッピングにすることで『ブラッドオレンジラスク』を完成させました。

自然の旨みは後から主張

ラスク工房Leilaでは愛媛県産のブラッドオレンジ、伊予柑、美生柑のラスクを、『デザートラスク』の名で販売しています。中でも、希少な国産ブラッドオレンジラスクは、幻の味と呼ぶにふさわしいものです。酒井さんは「自然の味の旨みというのは最初は主張しないで、後からゆっくりと、優しいけれど確実に主張してくるんです。それがフレーバーを使った加工品との違いですね。」と言います。

長年、生の柑橘にこだわったパンを作り続ける中で培ったノウハウはラスク作りにも存分に活かされており、ブラッドオレンジ本来の魅力を最大限引き出すために材料の配合や甘さは調整していないそうです。平成21年にインターネット通販サイトでラスクの販売を始めてからは支持を集め、ラスク部門でランキング入りするほどの人気を博しました。

お問い合わせ先

名称
ラスク工房 Leila えいら株式会社 らすくこうぼう りら えいらかぶしきがいしゃ
住所
愛媛県宇和島市和霊町1227-3
電話番号
0895-49-4037
FAX番号
0895-24-7555
公式サイト
http://www.rusk-leila.com/(外部サイト)

動画でチェック!

このページのトップへ