水荷浦馬鈴薯

水荷浦馬鈴薯

みずがうらばれいしょ

ここでしか作れない、特級品ジャガイモ

耕して天に至る畑で育つ馬鈴薯

宇和島市、遊子水荷浦(ゆすみずがうら)には国の重要文化的景観に選定された段畑があります。

急傾斜地にあるこの畑では、全国的にも珍しい早堀り(農作物を通常より早く収穫すること)の馬鈴薯が栽培されています。

この馬鈴薯は男爵という品種で、 10月~11月初旬に植えつけたものを、通年の収穫期より早く4~5月に収穫します。早堀りのため、皮が薄く柔らかく、水分を多く含んでいるため独特のみずみずしさがあり、包丁がスッと入ります。

また蒸すとホクホクで皮ごと食べられ、ビタミンCが多いのも魅力です。

一度食べると忘れられない味

水荷浦が馬鈴薯栽培に適している理由は、海からの潮風があたること、南面で陽当たりが良いこと、昼間太陽の熱を吸収した石垣によって土が保温されること、水はけの良い土質であることがあげられます。その味は特級品です。

現在は生産される量が少なく、皮も薄く傷つきやすいため、通常県外に出回ることはあまりありませんが、一度口にすると、他の馬鈴薯ではもの足りなくなり、また食べたいと県外からの問い合わせもよくあるそうです。知る人ぞ知るここ水荷浦の馬鈴薯は、肉じゃが、ポテトサラダ、コロッケにぴったり。

毎年4月に行われる『だんだん祭り』でぜひお試しあれ。

お問い合わせ先

名称
NPO法人 段畑を守ろう会えぬぴーおーほうじん だんばたをまもろうかい
住所
愛媛県宇和島市遊子2323-3
電話番号
0895-62-0091
FAX番号
0895-62-0091
公式サイト
http://www.danbata.jp/(外部サイト)
名称
特産品直売所だんだん屋とくさんひんちょくばいじょだんだんや
住所
愛媛県宇和島市遊子2323-3
電話番号
0895-62-0091
FAX番号
0895-62-0091

このページのトップへ