桃太郎ぶどう

桃太郎ぶどう

ももたろうぶどう

皮ごと食べられる食べやすいぶどう

種がなく皮ごと食べられるぶどうです

ぶどうは皮を剥き、種をだすのが面倒だと言われることもありますが、桃太郎ぶどうは種もなく皮が薄いため違和感なく皮ごとそのまま食べることのできるぶどうです。

後を引かないすっきりとした甘さが口のなかいっぱいに広がり、食べ始めると「もう一つ、もう一つ」と止まらないおいしさです。

粒は大きく形はボコボコしており個性的です。木になった状態で熟した後に収穫するため、旬の時期しか出荷ができませんが、もぎたてで新鮮な桃太郎ぶどうをいただくことができます。ぜひご賞味ください。

大切に大切に育てています

桃太郎ぶどうの収穫は8月から9月頃に行われています。このぶどうは人が触れただけでキズができてしまうほど大変デリケートなため、今回取材させていただいた脇坂さんは、これ以上ないくらいに気を遣いながら大切に育てていらっしゃるそうです。

その甲斐あってか、お客様からは「食べやすさにびっくり!」「上品な甘さについ食べ過ぎてしまいます。」という声が多く寄せられているそうです。

冷蔵庫で長時間保存すると水っぽくなり味が落ちてしまうので、おいしく召し上がっていただくためには食べる1時間前に冷蔵庫で冷やして食べるのがオススメです。

お問い合わせ先

名称
脇坂様わきさかさま
住所
愛媛県喜多郡内子町
電話番号

このページのトップへ