桜井漆器

桜井漆器

さくらいしっき

使えば使うほど艶の出る伝統工芸品

使うほどいい艶出ます!

桜井漆器の歴史は、およそ250年前に始まると言われ、手頃な価格で質のいいものが購入できることから人気が集まり、たくさんの方々から親しまれています。

今では今治の特産品の一つとなっており、愛媛県から伝統的特産品として指定されています。

漆器の扱い方が分からないと言われる方が多いのですが、実は使えば使うほど艶が出てきますので、日常使いに向いています。

実際に漆器の食器やテーブル、イスを使用している喫茶店もあるので、参考にしてみるのもオススメです。

日常に!記念に!新しい挑戦へ!

桜井漆器はその時代時代で新たな技術の取り込みや挑戦を続けることで成長してきました。また、明治時代より同業者が結束し、製品の改善などに努めてきたことも特徴だそうです。

たくさんの方に使っていただくため、若い人に欲しいと思ってもらえるような商品作りも積極的に行われ、子供の記念日などで使われる足形のパネルを作るなど、新しいテーマに日々挑戦していくという気骨は確実に今に受け継がれています。

お問い合わせ先

名称
株式会社 伊予桜井漆器会館かぶしきがいしゃいよさくらいしっきかいかん
住所
愛媛県今治市長沢甲340-1
電話番号
0898-48-0418
FAX番号
0898-47-2739
公式サイト
http://www.sakuraishikki.com/index2.html(外部サイト)
名称
桜井漆器協同組合さくらいしっききょうどうくみあい
住所
愛媛県今治市桜井4丁目15-22
電話番号
0898-48-0331
公式サイト
http://www.i-bussan.jp/sakurai/(外部サイト)

動画でチェック!

このページのトップへ