柑橘王国 飲む酢

柑橘王国 飲む酢

かんきつおうこく のむす

地の利と素材の良さを活かす

食品卸売業から食品製造業への転換

『柑橘王国飲む酢』を製造する尾崎食品はもともと食品卸売業でしたが、ある日、企業コンサルタントが「こういうのを作ってみては。」と、飲む酢の原形ともいえるサンプルを持ってきたそうです。専務取締役を務める高橋道男さんは「サンプルはブルーベリーやピーチとかの果物系だったんですよ。それを愛媛ならではの柑橘系にしたら面白いんじゃないかとの社長の発案により、4、5年前に見よう見まねで試作を始めたんです。」と話してくれました。

当初はストレートタイプをビッグサイズの瓶で発売したところ、試飲などでは高い評価を受けながらも持ち運びが不便なこともあって販売は苦戦。そこで「持ち帰りやすいものを。」という消費者の意見を参考に希釈タイプへ変え、デザインにも凝ったコンパクトサイズの瓶にしてからは、都会に住む女性を中心に人気が高まっていきました。

酢の調合を工夫して飲みやすく

柑橘王国愛媛という地の利を活かした飲む酢は種類も豊富で、ゆず、ブラッドオレンジ、伊予柑などの9種類をラインナップ。高橋さんいわく「製造する上でのこだわりは原料。」というだけに、地元産の柑橘を使用しています。

「原料がいいからあんまり手を加えない方がいいんですね。うちは単純に果汁と酢をブレンドしただけですからおいしいんですよ。」

酢はあくまで隠し味で、果汁と酢の比重は柑橘の品種ごとに調整しています。酸味が強い品種は酢を少なめに、酸味が弱い品種では酢を多めにすることによって、ジュース感覚で気軽に楽しめます。今後はブラッドオレンジの加工品を増やしていく予定で、すでに『食べる酢グミ』をはじめとして、ゼリーや大福などのスイーツ類を販売しています。

お問い合わせ先

名称
尾崎食品 株式会社 おざきしょくひんかぶしきがいしゃ
住所
愛媛県宇和島市伊吹町甲1519-3
電話番号
0895-23-1212
FAX番号
0895-24-3580
公式サイト
http://www.k-ookoku.jp/(外部サイト)

動画でチェック!

このページのトップへ