松野の桃

松野の桃

まつののもも

高温多雨の時期にできる大地と太陽の恵み

地域性の気候を活かし、より良い環境とより良い品質に…

松野町は、緑豊かな森に囲まれており、桃や梅、トマトなどの栽培が盛んな地域です。毎年春になると桃源郷マラソン、7月中旬頃になると、桃まつりが開催され、多くの観光客で賑わっています。そんな松野町で栽培されている『松野の桃』は、清流『四万十川』の支流にあたる広見川のほとりにある『虹の森公園青空市場』で販売されています。

松野の桃は梅雨時期から初夏にかけて出荷され、果肉は薄いピンク色でとても柔らかく、したたるほどの果汁が特徴です。桃は気候や害虫の影響を受けやすく、実が育っても、今度はカラスやイノシシ、猿などが実を食べてしまうので、収穫まで苦労が続きます。生産者の方々は、工夫しながら栽培から収穫、出荷まで、ひとつひとつ丁寧に真心を込めて手作業で行っています。

ふっくらときれいな丸みを帯びた、甘味のある果汁たっぷりの大きな桃は、実ひとつひとつが価値のある商品です。

甘い果汁が魅惑の桃色果実

7月上旬から8月中旬にかけて収穫する桃の品種は、主に『赤月(あかつき)』と『白鳳(はくほう)』が多く、桃まつりやお中元の時期に最盛期を迎えます。

赤月(あかつき)は果肉がしっかりとしているのに対して、白鳳(はくほう)は、甘味があり果肉が白くて適度な柔らかさが特徴です。この他にも、ほど良い甘味と酸味がある極早生の『ちよひめ』や『武井白鳳(たけいはくほう)』、果汁たっぷり中早生の『日川白鳳(ひかわはくほう)』、日持ちするのが特徴の甘味が強い『川中島(かわなかじま)』など、松野の桃は様々な味を楽しむ事が出来ます。

桃は自家熟成する果実で、甘めで柔らかいものを好まれる方は、常温で2~3日保存するとさらにおいしくいただけます。酸味がある場合は、縦の櫛型にカットし、枝側の方から食べると最後まで甘味を感じられます。また、虹の森公園では、桃ジャムやパウンドケーキ、ピーチワインなどの加工品も販売しており、こちらもお薦めです。

お問い合わせ先

名称
森の直売所 青空市場もりのちょくばいじょ あおぞらいちば
住所
愛媛県北宇和郡松野町延野々1510-1(虹の森公園)
電話番号
0895-20-5006
FAX番号
0895-20-5012
公式サイト
http://www.morinokuni.or.jp/(外部サイト)

このページのトップへ