なっそ

なっそ

なっそ

ピリッとした心地よい口あたり

どぶろくに込めた思い

昔、宇和島市津島町岩松地区には3軒の蔵元がありましたが、現在では当時のままの建物が残っているのはたった1軒になりました。その蔵元周辺を歴史的・文化的景観として認識し、個性ある町づくりを実践しようと、地元有志が中心となり、町並み保存会が結成されました。

そして、「この蔵を酒蔵のまま保存して活用し、酒づくりを復活させたい。」いう熱い思いが実り、平成19年3月に宇和島市が愛媛県で第1号の『どぶろく特区』に認定されました。

その後『企業組合いわまつ』が設立され、米作りから手がけるこだわりのどぶろくが誕生しました。

人と町をつなぐ『なっそ』

南予地方(愛媛県南部)の方言で、「なんで?」「どうして?」を「なっそ」といいます。この、素朴で地元らしい言葉の響きに着目して『なっそ』と名付けられました。

一度口にすると炭酸飲料のようにピリッとした口あたりが舌に心地よく、見た目とは違ってキリッと澄んだ辛口です。

キムチ鍋や、珍味など味の濃い物とよく合い、酒好きな方にはたいへん好まれるお酒となっています。

取材先の企業組合いわまつでは、「人と町とをつなぐかけ橋として、これからもっとおいしい『なっそ』を作り続けていきたい。」とおっしゃっています。

お問い合わせ先

名称
企業組合 いわまつきぎょうくみあいいわまつ
住所
愛媛県宇和島市津島町岩松948-1
電話番号
0895-32-2409
FAX番号
0895-32-6058
公式サイト
http://www.geocities.jp/iw_nasso/(外部サイト)

動画でチェック!

このページのトップへ