どぶろく「きほく」

どぶろく「きほく」

どぶろく「きほく」

まちを元気にしたいという思いから誕生

こだわりぬいた自慢の逸品

どぶろく『きほく』は全国で初めて低たんぱく米を使用したどぶろくです。地元の有志が集まり、どぶろく作りを通して鬼北(きほく)町を元気にしたいという思いから生まれました。

2年間の試行錯誤の結果2010年10月、地元のお祭りでデビュー、とても好評で今も生産が追いつかない状況です。1本目が売れたときは、この上なく嬉しかったと言います。

ラベルは季節ごとに変えられ、鬼北町が見せる四季の表情を添えています。一本一本に手編みの蓑(みの)をかけて雰囲気にもこだわりました。

味はまろやかさが特徴で、ほのかな香りとフルーティな味わい、程よい酸味にのどごしもスッキリのどぶろくです。

変わっていく味わいを楽しむ

どぶろくは飲むタイミングによって味が変わるのも特徴の一つです。最初は強い酸味があり、30分程おくとピリピリ感もなくなりフレッシュな味を楽しめます。その後、だんだんまろやかさが増し、一週間前後で飲み頃になります。

熟した味が好きな方は、もう少し冷蔵庫で休ませて下さい。

目でも楽しめます。甘口の開栓時、2層に分かれている状態からゆっくり開栓していくと、まるで花びらが舞うように中身が自然と混ざっていくのは圧巻です。

『企業組合ひろみ川』では、これからもおもしろいアイデアあふれるどぶろくづくりに取り組んでいくそうです。

お問い合わせ先

名称
企業組合 ひろみ川きぎょうくみあいひろみがわ
住所
愛媛県北宇和郡鬼北町大字出目2479
電話番号
0895-45-3066
FAX番号
0895-20-6221
公式サイト
http://www.okusimanto-kihoku.com/(外部サイト)

動画でチェック!

このページのトップへ