ハートオニオン

ハートオニオン

はーとおにおん

フルーツ感覚で食べられるタマネギ

クリスマスの時期には引っ張りだこ

『セットタマネギ』とも呼ばれる『ハートオニオン』は、甘く柔らかい果肉が特徴の超極早生種(ちょうごくわせしゅ)のタマネギです。温暖な気候に適していることもあって、JAえひめ南では設立10年目の平成18年から愛南町を一大産地にするべく組合員が一丸となって取り組んでいます。約30戸の生産者による生産量は、県内の3分の1を占めています。

丸いタマネギや扁平のタマネギがある中で、愛らしい形のタマネギを初めて見たスタッフは、愛媛県の『愛』とハートの『愛』、そして愛南町の『愛』を合わせてハートオニオンと名付けたそうで、クリスマスの時期には引っ張りだこです。

皮むきをしても涙が出ない

ハートオニオンは、らっきょを大きくしたくらいの球根を8月に植えれば、11月から収穫できます。年末は貯蔵用のタマネギぐらいしか出回っていないので、とても重宝されるそうです。そして、年内に収穫が終わると、2月からは極早生、その次は早生という風に旬のタマネギが味わえます。ただ、ビニールハウスではなく露地に植えるハートオニオンの生育は気象条件に左右され、温暖な気候、日照、水が必要です。

苦味がなく、皮むきをしても涙の出ないハートオニオンはフルーツ感覚で味わうことができます。スライスして生で食べるのに適しているため『サラダタマネギ』と呼ばれることもあります。

お問い合わせ先

名称
JAえひめ南 南宇和営農センターじぇいえーえひめみなみ みなみうわえいのうせんたー
住所
愛媛県南宇和郡愛南町城辺乙451
電話番号
0895-72-1121
FAX番号
0895-72-1160
公式サイト
http://www.ja-eminami.or.jp/(外部サイト)

このページのトップへ