弓削海苔

弓削海苔

ゆげのり

自然豊かな島で育まれた磯の香り高い風味

弓削島の風物詩

瀬戸内海に浮かぶ自然豊かな上島町弓削島の特産品は、なんといっても弓削海苔です。9月から3月にかけて行われる水車を使った海苔の種付け作業や収穫作業風景は、弓削島の風物詩の一つです。

この地域では昭和30年代から海苔の養殖が始まり、現在、弓削島には4軒の養殖業者がいます。質の良い海苔を提供するために、収穫が始まってからは10日間ごとに7、8回つみとり作業を行います。

できあがった加工品は、味付け海苔・焼き海苔・海苔スープなど種類も豊富なので、多くの料理に活用できます。

これぞ本物の海苔の味

弓削島の周辺は潮の流れが速いため、通常のものに比べ噛み応えがあり、磯の香り高い風味を感じることができます。

地元の方のお勧めの食べ方は、生海苔を三杯酢であえたものをそのままいただくものだそうです。また、巻き寿司を弓削の乾海苔で巻くと、料理の苦手な人でも一級品の巻き寿司の味になるのだとか。この弓削海苔を一度食べると、他の海苔は食べられないと言う人が多いのも納得です。

質の良い海苔を簡単に見分ける方法としては、焼き海苔ならより黒が濃いものを、味付け海苔なら緑色が濃いものを選ぶといいのだそうです。

お問い合わせ先

名称
弓削漁業協同組合ゆげぎょぎょうきょうどうくみあい
住所
愛媛県越智郡上島町弓削下弓削839-3
電話番号
0897-77-2121

このページのトップへ