じゃこ天

じゃこ天

じゃこてん

毎朝その日に獲れた魚で手作り

宇和海をほおばる

じゃこ天は、愛媛県民なら知らない人はいない、とてもポピュラーな食べ物です。

練り製品の一種で、宇和海で獲れる新鮮な小魚(雑魚)を皮付きのまますり身にして小判型に形成し揚げて『雑魚天(ざこてん)』と呼ばれていたものが『じゃこ天』に変化していったのだと言われています。

じゃこ天は小魚のうまみが凝縮されており風味豊かで、カルシウム、DHA、EPAが豊富に含まれているので、子供からお年寄りまで安心で体にもおいしいヘルシーフードなのです。

獲れたて地元の魚で作るじゃこ天

今回取材に伺った『じゃこ天開洋』では、毎朝その日に獲れた魚を市場で仕入れ、一つ一つさばいてじゃこ天を作っています。手間はかかりますが、魚の味がしっかりと味わえるじゃこ天になるそうです。人口甘味料や保存料も一切使用していません。

「自分の家族にも安心して食べさせられる、体にいいものをみなさんに食べてもらいたいんよ。」そんな思いを込めて、とても気さくで太陽のような名物お母さんが、一生懸命手作りしています。

お問い合わせ先

名称
じゃこ天開洋じゃこてんかいよう
住所
愛媛県西予市三瓶町朝立1-310-44(みかめ海の駅 潮彩館)
電話番号
0894-33-2023
FAX番号
0894-33-2789
名称
みかめ海の駅 潮彩館みかめうみのえき しおさいかん
住所
愛媛県西予市三瓶町朝立1-438-287
電話番号
0894-33-3001
FAX番号
0894-33-3015
公式サイト
http://www.shiosaikan.jp/(外部サイト)

動画でチェック!

このページのトップへ