宇和島かまぼこ

宇和島かまぼこ

うわじまかまぼこ

冷凍すり身は使用しない、生魚のこだわり製法

自然環境の恵みを活かして

県内屈指の漁場である宇和海の水産資源に恵まれた宇和島市は、古くから水産加工が盛んに行われてきた地域です。

黒潮が流入する宇和海に面し、リアス式海岸が発達した地形を持つなど、環境に恵まれたこの地域では、近海で水揚げされる生魚を主原料としてかまぼこが作られてきました。

昭和30年代から冷凍すり身が開発され、全国的にかまぼこが製造されるようになりましたが、宇和島のかまぼこは、冷凍すり身を使用せず、近海で水揚げされるエソなどの生魚を原料としていました。今でもそのこだわりは変わらず、昔ながらの味を守り続けています。

気質が伝統を支える

かつて宇和島かまぼこは、地元で獲れた新鮮な魚の旨みを利用して、調味料を使わず塩だけで調理されていた時代もありました。時代の変化を受け、現在は調味料も使われていますが、昔ながらのしなやかで弾力のあるかまぼこは今も変わりません。

弾力にこだわりを持つ宇和島かまぼこを作り上げるには、製造工程での水分調整やかまぼこの練り方など職人技と言われるほどの技術が必要です。職人肌といわれる宇和島の人々の気質が製造技術や原料魚の伝統を支えてきたのです。

近年では『宇和島じゃこ天プロジェクト』を組み、宇和島の練り製品を全国に広めていくための活動も積極的に行われています。

お問い合わせ先

名称
宇和島蒲鉾協同組合うわじまかまぼこきょうどうくみあい
住所
愛媛県宇和島市築地町2丁目6-1
電話番号
0895-22-6431
FAX番号
0895-22-6451
公式サイト
http://www.uwajima-kamaboko.com/(外部サイト)

このページのトップへ