佐田岬半島の初盆行事

さだみさきはんとうのはつぼんぎょうじ

南予の祭りと芸能
平成22年に国の「記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財」に選択されたもので、佐田岬半島に伝承される、初盆の家を中心におこなわれるさまざまな盆行事です。代表的なものとして、三崎地域に伝承されるモウリョウ、モウナなど、瀬戸地域に伝承されるオショロブネ流しなどがあります。モウリョウ、モウナなどと呼ぶ行事は、人びとが海岸や寺の境内などに集まり鉦・太鼓に合わせて新仏の数だけ円を描くように回るものです。オショロブネは、麦藁で作った船で、初盆の家の提灯や市松人形を乗せて海に流すものです
マイリストに追加 フォトツアーを見る
開催期間 8月15日ごろ
開催場所 伊方町内各地
伊方町全域
お申し込み先電話番号 0894-39-0241(町見郷土館)
備考 国選択無形民俗文化財
開催日については、要問合せ。

出典元
【国指定文化財等データベース】
http://kunishitei.bunka.go.jp/bsys/maindetails.asp