愛媛の句碑めぐり575

伊予市

神鳴の図に乗り過ぎて落ちにけりかみなりのずにのりすぎておちにけり

夏目漱石ナツメソウセキ

漱石のユーモアあふれる一句。地震・雷・火事・おやじは、昔の子供たちの怖いもの一覧である。そのひとつである雷が落ちたのは図に乗りすぎたからと発想を逆転させているところが面白い。『漱石全集』では、明治40年の句として所収。「雷の図にのりすぎて落にけり」とある。

句碑データ

住所
上野 武智邸
建立年
不明
建立者
武智氏の祖父

関連する句碑

  • 砥部町

    いつくしめば叱るときける寒さかな

    松根東洋城

  • 伊予市

    石手寺へまはれば春の日暮れたり

    正岡子規

  • 伊予市

    夏の月提灯多きちまた哉

    正岡子規

  • 伊予市

    木枯らしや冠者の墓撲つ松落葉

    夏目漱石

  • 伊予市

    夏川を二つ渡りて田神山

    正岡子規

  • 前から
  • 遠くから
  • 後ろから
大きな地図をみる

▲ このページの先頭へ戻る