愛媛の句碑めぐり575

伊予市

介ふ者かりひともとし与礼者つ志く連きょうばかりひともとしよれはつしぐれ

松尾芭蕉マツオバショウ

しぐれ塚といわれる芭蕉の碑。芭蕉170回忌に建立されたと推定されている。元禄5年(1692)10月3日の連歌の会で芭蕉が会場に着いた時、折から初しぐれが降ってきた。「今日ばかりは、若い人たちもみんなが老人のような気持ちになってしぐれの風情を味わってほしい」という句意。句碑のかたわらの説明板にこのように記されている。

句碑データ

住所
灘町311 五色浜神社拝殿前
建立年
文久3年
建立者
郡中地方の俳人たち

関連する句碑

  • 砥部町

    いつくしめば叱るときける寒さかな

    松根東洋城

  • 伊予市

    石手寺へまはれば春の日暮れたり

    正岡子規

  • 伊予市

    夏の月提灯多きちまた哉

    正岡子規

  • 伊予市

    木枯らしや冠者の墓撲つ松落葉

    夏目漱石

  • 伊予市

    夏川を二つ渡りて田神山

    正岡子規

  • 前から
  • 遠くから
  • 後ろから
大きな地図をみる

▲ このページの先頭へ戻る