愛媛の句碑めぐり575

伊予市

夏川を二つ渡りて田神山なつかわをふたつわたりてたがみさん

正岡子規マサオカシキ

明治29年作。「田神山」は「谷上山」とも表記されている。少年時代からの友人、武市庫太(蟠松)を訪れた時の追想句。この二つの川は、石手川、重信川(しげのぶがわ)だろうか。文字は子規の書を拡大したものを彫っている。宝珠寺(ほうじゅじ)は、清々しい空気の漂う静謐な佇まいの寺。寺の山門の前の道路端に句碑がある。

句碑データ

住所
上吾川1419 谷上山宝殊寺
建立年
昭和50年8月
建立者
玉本善三郎・静枝ほか

関連する句碑

  • 砥部町

    いつくしめば叱るときける寒さかな

    松根東洋城

  • 伊予市

    蛍火や暈をまとへる山家の灯

    稲荷島人

  • 伊予市

    石手寺へまはれば春の日暮れたり

    正岡子規

  • 伊予市

    夏の月提灯多きちまた哉

    正岡子規

  • 伊予市

    木枯らしや冠者の墓撲つ松落葉

    夏目漱石

  • 前から
  • 遠くから
  • 後ろから
大きな地図をみる

▲ このページの先頭へ戻る