愛媛の句碑めぐり575

伊予市

木枯らしや冠者の墓撲つ松落葉こがらしやかじゃのはかうつまつおちば

蒲殿の以与/\悲し可連尾花かばどののいよいよかなしかれおばな

夏目漱石ナツメソウセキ

明治28年、松山中学校の英語教師として赴任中だった夏目漱石がこの地で作った句。「冠者」「蒲殿」は源範頼(のりより)のこと。兄の頼朝から謀反の疑いをかけられてこの地に逃れたが、悲しい最期をとげたという。漱石には歴史上の人物を詠んだ句も多い。碑の裏面には村上霽月書とある。子規は「蒲殿」の句に◎をつけている。『木枯らしや」の句は、『漱石全集』では、「凩や冠者の墓撲つ落松葉」とあり、子規の評点○とある。

句碑データ

住所
上吾川 鎌倉神社(称名寺にもあり)
建立年
昭和16年
建立者
地元有志

関連する句碑

  • 砥部町

    いつくしめば叱るときける寒さかな

    松根東洋城

  • 伊予市

    石手寺へまはれば春の日暮れたり

    正岡子規

  • 伊予市

    夏の月提灯多きちまた哉

    正岡子規

  • 伊予市

    夏川を二つ渡りて田神山

    正岡子規

  • 伊予市

    介ふ者かりひともとし与礼者つ志く連

    松尾芭蕉

  • 前から
  • 遠くから
  • 後ろから
大きな地図をみる

▲ このページの先頭へ戻る