愛媛の句碑めぐり575

北宇和郡鬼北町

紅葉濃き奈良川渓や春は花もみじこきなるかわけいやはるははな

酒井黙禅サカイモクゼン

国道320号線から成川渓谷に入る入り口の左手、成川バス停そばにある。書は当時の広見町長、中谷嘉文である。酒井黙禅(明治16年~昭和47年)は、医学博士で俳人。大正9年から昭和23年にかけて松山赤十字病院長、野村病院長(現・西予市野村町)を歴任した。昭和24年に広見町の近永病院に医療の指導に来た際、成川渓谷で詠んだ句だという。

句碑データ

住所
奈良 成川渓谷入口成川バス停前
建立年
平成1年4月
建立者
成川渓谷句碑建設委員会

関連する句碑

  • 宇和島市

    白藤や揺りやみしかばうすみどり

    芝不器男

  • 宇和島市

    志者らく盤花の上那類月夜哉

    松尾芭蕉

  • 宇和島市

    墓に来て真向かふ城や小六月

    米田双葉子

  • 宇和島市

    古池や蛙飛びこむ水の音

    松尾芭蕉

  • 宇和島市

    父母能志き里に戀し雉子の聲

    松尾芭蕉

  • 前から
  • 遠くから
  • 後ろから
大きな地図をみる

▲ このページの先頭へ戻る