愛媛の句碑めぐり575

北宇和郡松野町

汽車見えてやがて失せたる田打かなきしゃみえてやがてうせたるたうちかな

芝不器男シバフキオ

JR松丸駅「森の国ぽっぽ温泉」の建物入り口左手の方にある。高さ2メートルほどの細長い句碑。芝不器男(明治36~昭和5)は、松野町出身の夭折の俳人。抒情豊かな作品群は、今も輝きを失っていない。大正15年5月号の「天の川」に掲載された句。

句碑データ

住所
大字松丸1661-13 JR松丸駅前
建立年
昭和62年
建立者
松野町

関連する句碑

  • 宇和島市

    銀杏にちりぢりの空昏れにけり

    芝不器男

  • 鬼北町

    全山のさくら紅葉に日當れる

    酒井黙禅

  • 鬼北町

    紅葉濃き奈良川渓や春は花

    酒井黙禅

  • 松野町

    うまや路や松のはろかに狂ひ凧

    芝不器男

  • 松野町

    筆始歌仙ひそめくけしきかな

    芝不器男

  • 前から
  • 遠くから
  • 後ろから
大きな地図をみる

▲ このページの先頭へ戻る