愛媛の句碑めぐり575

松山市

鶏なくや小富士の麓桃の花とりなくやこふじのふもともものはな

正岡子規マサオカシキ

明治28年の作で『寒山落木』所収。季語は桃の花で、子規は生涯で100近い桃の花を使った俳句を残している。建立地の興居島(ごごしま)は、松山市から一番近い有人島。島のシンボルともなっている「小富士」とは、伊予小富士とも呼ばれる標高282mの富士山に似た稜線を持つ山。

句碑データ

住所
泊町818 興居島支所泊町出張所
建立年
昭和51年
建立者
泊老人クラブ

関連する句碑

  • 松山市

    海晴れて小富士に秋の日くれたり

    正岡子規

  • 松山市

    汐のよい船脚を瀬戸の鷗は鷗づれ

    河東碧梧桐

  • 松山市

    島に住めば柑子沢山な正月日和

    河東碧梧桐

  • 松山市

    瀬戸に咲く桃の明方の明日の船待つ

    河東碧梧桐

  • 松山市

    粟能井や虎こ夏の海与里乃風

    村上壺天子

  • 前から
  • 遠くから
  • 後ろから
大きな地図をみる

▲ このページの先頭へ戻る