愛媛の句碑めぐり575

松山市

涼志さや馬も海向く淡井阪すずしさやうまもうみむくあわいざか

正岡子規マサオカシキ

明治25年の作で『寒山落木』所収。建立地の粟井坂付近には、かつて関所があった。当時の旅には苦労が多く、峠に立ってみるとよくわかる。大師堂脇から山道に上がっていくと、山林の切れ目から瀬戸内海が広がり、貴重な海風に馬までも清涼を感じたのであろう。

句碑データ

住所
小川510-5付近 粟井坂大師堂
建立年
昭和34年
建立者
小川地区

関連する句碑

  • 松山市

    枝折れて何と這うべき蔦かつら

    茶来

  • 松山市

    鶏なくや小富士の麓桃の花

    正岡子規

  • 松山市

    瘦がへるまけるな一茶是に有

    小林一茶

  • 松山市

    朧々ふ免者水也まよひ道

    小林一茶

  • 松山市

    月朧よき門探り當留楚

    小林一茶

  • 前から
  • 遠くから
  • 後ろから
大きな地図をみる

▲ このページの先頭へ戻る