愛媛の句碑めぐり575

松山市

火や鉦や遠里小野の虫送ひやかねやとおさとおののむしおくり

正岡子規マサオカシキ

明治31年の作。『俳句稿』秋の部に所収。遠里小野とは、大阪市住吉区および堺市堺区の地名で昔は「とおさとおの」と言われていたが、現在では「おりおの」と呼ばれている。「虫送」とは、田畑の害虫を駆除する農村儀礼で、松明を焚きながら鉦をならし、虫を追い捨てる行事。

句碑データ

住所
平井町1520 千福寺
建立年
不明
建立者
千福寺檀家

関連する句碑

  • 砥部町

    いつくしめば叱るときける寒さかな

    松根東洋城

  • 伊予市

    石手寺へまはれば春の日暮れたり

    正岡子規

  • 伊予市

    夏の月提灯多きちまた哉

    正岡子規

  • 伊予市

    神鳴の図に乗り過ぎて落ちにけり

    夏目漱石

  • 東温市

    春秋冬冬を百日桜かな

    松根東洋城

  • 前から
  • 遠くから
  • 後ろから
大きな地図をみる

▲ このページの先頭へ戻る