愛媛の句碑めぐり575

松山市

うらゝ加や昔て不松能千登世天布うららかやむかしちょうまつのちとせちょう

松根東洋城マツネトウヨウジョウ

昭和23年に小野小学校にそびえたっていた樹齢千年ともいわれる「与力松」が国の天然記念物に指定されたのを機会に、この句碑が建立された。高さ35m、周囲は6mと巨大な松であったが、昭和55年に松食虫被害により枯死。与力松を型どった原型が「与力の丘」にある。うららかな日和に、樹齢千年以上とも感じられる由緒ある「与力松」を東洋城が詠んだもの。東洋城は夏目漱石から俳句を学び、後に「渋柿」を主宰した。※校内に立ち入る際には、小学校に事前にお電話もしくは職員室にお声掛けください。

句碑データ

住所
平井町3673 小野小学校
建立年
昭和24年
建立者
與力松保護顕彰會

関連する句碑

  • 砥部町

    いつくしめば叱るときける寒さかな

    松根東洋城

  • 伊予市

    石手寺へまはれば春の日暮れたり

    正岡子規

  • 伊予市

    夏の月提灯多きちまた哉

    正岡子規

  • 伊予市

    神鳴の図に乗り過ぎて落ちにけり

    夏目漱石

  • 東温市

    春秋冬冬を百日桜かな

    松根東洋城

  • 前から
  • 遠くから
  • 後ろから
大きな地図をみる

▲ このページの先頭へ戻る