愛媛の句碑めぐり575

松山市

行く秋や手を引きあひし松二木ゆくあきやてをひきあいしまつふたき

正岡子規マサオカシキ

明治28年の作。『寒山落木』に「余戸手引松」とあるが、「散策集」では別の日付で手引松の記述が残っている。手引松とは、2本の松の木が一方の幹にくいこんだように癒着してH状につながっている。昭和37年に天然記念物に指定されたが、松くい虫の被害のため枯れてしまい、昭和54年に伐採。現在は、そのH状の部分だけが、保存されている。

句碑データ

住所
余戸東5丁目15 三島大明神社
建立年
昭和8年9月
建立者
南川会同人ほか

関連する句碑

  • 伊予市

    石手寺へまはれば春の日暮れたり

    正岡子規

  • 伊予市

    夏の月提灯多きちまた哉

    正岡子規

  • 伊予市

    木枯らしや冠者の墓撲つ松落葉

    夏目漱石

  • 伊予市

    夏川を二つ渡りて田神山

    正岡子規

  • 伊予市

    介ふ者かりひともとし与礼者つ志く連

    松尾芭蕉

  • 前から
  • 遠くから
  • 後ろから
大きな地図をみる

▲ このページの先頭へ戻る