愛媛の句碑めぐり575

松山市

西山に櫻一木のあるじ哉にしやまにさくらいちぎのあるじかな

正岡子規マサオカシキ

明治25年の作。『寒山落木』の植物のくだりに「山内神社」と題して所収。碑石は西条市の青石で、書は子規の文字を集めて構成したもの。山内神社は、享保の時代に松山藩主につかえた忠臣・山内与右衛門尉久元の御霊を祀った神社である。

句碑データ

住所
南江戸5-1506 山内神社
建立年
昭和44年9月
建立者
清吟堂吟友会

関連する句碑

  • 伊予市

    石手寺へまはれば春の日暮れたり

    正岡子規

  • 伊予市

    夏の月提灯多きちまた哉

    正岡子規

  • 伊予市

    神鳴の図に乗り過ぎて落ちにけり

    夏目漱石

  • 松山市

    鶏なくや小富士の麓桃の花

    正岡子規

  • 砥部町

    道ばたに大森彦七曼珠沙華

    富安風生

  • 前から
  • 遠くから
  • 後ろから
大きな地図をみる

▲ このページの先頭へ戻る