愛媛の句碑めぐり575

松山市

花木槿家ある限り機の音はなむくげいえあるかぎりはたのおと

おもしろや紙衣毛著ずに済む世なりおもしろやかみこもきずにすむよなり

正岡子規マサオカシキ

明治28年10月7日に人力車で今出(いまず)の村上霽月(むらかみせいげつ)を訪ねた。「ここは今出鹿摺(いまずかすり)とて鹿摺を織り出す処也」として「汐風や痩せて花なき木槿垣(むくげがき)」と2句ならんで「散策集」に所収されている。子規句集にも「今出村二句」として掲載されている。2句1基の碑。

句碑データ

住所
西垣生町1250 長楽寺
建立年
不明
建立者
長楽寺

関連する句碑

  • 伊予市

    石手寺へまはれば春の日暮れたり

    正岡子規

  • 伊予市

    夏の月提灯多きちまた哉

    正岡子規

  • 伊予市

    木枯らしや冠者の墓撲つ松落葉

    夏目漱石

  • 伊予市

    夏川を二つ渡りて田神山

    正岡子規

  • 伊予市

    介ふ者かりひともとし与礼者つ志く連

    松尾芭蕉

  • 前から
  • 遠くから
  • 後ろから
大きな地図をみる

▲ このページの先頭へ戻る