愛媛の句碑めぐり575

松山市

足弱に施薬願わん秋の寺あしなえにせやくねがわんあきのてら

森田雷死久モリタライシキュウ

森田雷死久(明治5年〜大正3年)は、伊予郡西高柳村(現・伊予郡松前町西高柳)生まれの僧侶。雷死久の俳号は、「雷公の死して久しき旱(ひでり)かな」によるものと言われている。河東碧梧桐に師事、新傾向俳句の影響を受けた。「海南新聞俳壇」選者、「松風会」復興大会を開くなど地域の俳壇のために力を注いだが42歳で没した。

句碑データ

住所
高木町280 高音寺
建立年
昭和55年9月
建立者
諦玄

関連する句碑

  • 松山市

    鶏なくや小富士の麓桃の花

    正岡子規

  • 松山市

    海晴れて小富士に秋の日くれたり

    正岡子規

  • 松山市

    汐のよい船脚を瀬戸の鷗は鷗づれ

    河東碧梧桐

  • 松山市

    島に住めば柑子沢山な正月日和

    河東碧梧桐

  • 松山市

    瀬戸に咲く桃の明方の明日の船待つ

    河東碧梧桐

  • 前から
  • 遠くから
  • 後ろから
大きな地図をみる

▲ このページの先頭へ戻る