愛媛の句碑めぐり575

松山市

菎蒻につゝじの名あれ太山寺こんにゃくにつつじのなあれたいさんじ

正岡子規マサオカシキ

明治25年の作で『寒山落木』に所収。「伊豫太山寺」との前置きがあってこの句がある。虚子は『子規句解』にて「太山寺といふ寺がある。菎蒻が其処の名物であって、それを太山寺菎蒻といって松山あたりの人々は特に賞玩して居た。そのまた太山寺には躑躅の花が見事であった。そこで、菎蒻には太山寺菎蒻といふ名前があるが、また、つつじ菎蒻といふ名前があってもいいではないか、と戯れて言ったものであらう。」と解説している。

句碑データ

住所
太山寺町1730 太山寺参道
建立年
昭和48年3月
建立者
月蝕吟社・瀧雲吟社

関連する句碑

  • 松山市

    鶏なくや小富士の麓桃の花

    正岡子規

  • 松山市

    海晴れて小富士に秋の日くれたり

    正岡子規

  • 松山市

    汐のよい船脚を瀬戸の鷗は鷗づれ

    河東碧梧桐

  • 松山市

    島に住めば柑子沢山な正月日和

    河東碧梧桐

  • 松山市

    瀬戸に咲く桃の明方の明日の船待つ

    河東碧梧桐

  • 前から
  • 遠くから
  • 後ろから
大きな地図をみる

▲ このページの先頭へ戻る