愛媛の句碑めぐり575

松山市

春や昔十五万石の城下哉はるやむかしじゅうごまんごくのじょうかかな

正岡子規マサオカシキ

高さ80cm、奥行43cm、前幅110cmと小さく、昭和24年4月に国鉄(JR)松山駅前に建立されたもの。その後、昭和28年松山市駅前、のちに道後の松山市立子規記念博物館横へと移された。

句碑データ

住所
道後公園1-30 市立子規記念博物館
建立年
昭和24年4月
建立者
松山市観光協会

関連する句碑

  • 伊予市

    石手寺へまはれば春の日暮れたり

    正岡子規

  • 伊予市

    夏の月提灯多きちまた哉

    正岡子規

  • 伊予市

    神鳴の図に乗り過ぎて落ちにけり

    夏目漱石

  • 東温市

    正直や一つ咲いたる山椿

    篠崎圭介

  • 東温市

    亡き母の小さき座布団伊豫絣

    森白象

  • 前から
  • 遠くから
  • 後ろから
大きな地図をみる

▲ このページの先頭へ戻る