愛媛の句碑めぐり575

松山市

城山や筍のびし垣の上しろやまやたけのこのびしかきのうえ

柳原極堂ヤナギハラキョクドウ

俳誌「ほとゝぎす」第7号に所収。ここでは「筍」が「竹の子」と表記されている。極堂は無私無欲な人物で、虚子から「ホトトギス」600号の記念句会で、句碑建立をすすめられても「自分の句碑を建てるくらいなら、子規の句碑を建ててほしい」と断ったという。句碑はその人柄をしのび、極堂一周忌の祥月に建てたものである。

句碑データ

住所
一番町3-3-7 萬翠荘への途中
建立年
昭和33年10月
建立者
柳原極堂先生句碑建設会

関連する句碑

  • 伊予市

    石手寺へまはれば春の日暮れたり

    正岡子規

  • 伊予市

    夏の月提灯多きちまた哉

    正岡子規

  • 伊予市

    神鳴の図に乗り過ぎて落ちにけり

    夏目漱石

  • 東温市

    亡き母の小さき座布団伊豫絣

    森白象

  • 東温市

    まつらるゝ推古三面鵯の宮

    酒井黙禅

  • 前から
  • 遠くから
  • 後ろから
大きな地図をみる

▲ このページの先頭へ戻る