愛媛の句碑めぐり575

松山市

秋晴の城山を見てまづ嬉しあきばれのしろやまをみてまずうれし

今井つる女イマイツルジョ

つる女の米寿を記念し、幼少期を過ごした城山のふもとにある萬翠荘裏手に、「愛媛ホトトギス会」と「愛媛新聞社」が共同で建立。除幕式で「この思い出多い所に句碑を立てて頂いて、こんなに嬉しいことはありません。この辺りでよく一人遊びをしました。故郷と言えばこの場所を思います。この句は私の分身です。」とコメントした。※平成22年7月12日の豪雨による土砂崩れで全壊した愚陀佛庵(ぐだぶつあん)の進入禁止エリア内。現在は階段下から見られます。

句碑データ

住所
一番町3-3-7 萬翠荘
建立年
昭和59年10月
建立者
愛媛ホトトギス会 愛媛新聞社

関連する句碑

  • 伊予市

    石手寺へまはれば春の日暮れたり

    正岡子規

  • 伊予市

    夏の月提灯多きちまた哉

    正岡子規

  • 伊予市

    神鳴の図に乗り過ぎて落ちにけり

    夏目漱石

  • 東温市

    亡き母の小さき座布団伊豫絣

    森白象

  • 東温市

    まつらるゝ推古三面鵯の宮

    酒井黙禅

  • 前から
  • 遠くから
  • 後ろから
大きな地図をみる

▲ このページの先頭へ戻る