愛媛の句碑めぐり575

西条市

遠山と見しハ是也花一本とおやまとみしはこれなりはないちぎ

小林一茶コバヤシイッサ

裏面に「寛政7年2月20日 松山ヨリノ帰路当山ノ桜ヲ見ント立寄リ 遠山ト見シハ是也花一本 ト讃エ他ニ俳句1句和歌2首ヲ詠ム 一茶翁33歳ノ時ナリ 一茶翁旅日記ノ字ヲ写シ茲ニソノ句碑ヲ建立ス」とある。『寛政七年紀行』の2月19日の記にも、明日実報寺に今が見頃の壱樹ざくらを見に行くとある。碑は、本堂右手側にある。

句碑データ

住所
実報寺甲758 実報寺
建立年
昭和37年3月
建立者
実報寺

関連する句碑

  • 西条市

    ふら須とも竹うゑる日八簑と笠

    松尾芭蕉

  • 西条市

    先堂のむ椎の木も阿り夏木立

    松尾芭蕉

  • 西条市

    聖主峰縹渺と雪新たにす

    阪本謙二

  • 西条市

    南無観世音おん手したたる水の一すぢ

    種田山頭火

  • 西条市

    秋の夜の護摩のほのほの燃えさかるなり

    種田山頭火

  • 前から
  • 遠くから
  • 後ろから
大きな地図をみる

▲ このページの先頭へ戻る