愛媛の句碑めぐり575

松山市

草の花少しありけば道後なりくさのはなすこしありけばどうごなり

正岡子規マサオカシキ

明治28年9月20日午後、愚陀佛庵(ぐだぶつあん)に病気療養中だった子規は、体調もずいぶんよくなり外出を思い立つ。「散策集」によると、「今日はいつになく心地よければ折柄來せたる極堂を催してはじめて散歩せんとて愚陀佛庵を立ち出いずる程秋の風のそぞろに背を吹いてあつからず玉川町より郊外には出でける見るもの皆心行くさまなり」とあり、そのあとにこの句が続く。

句碑データ

住所
平和通3-1-1付近
建立年
平成20年3月
建立者
松山市

関連する句碑

  • 伊予市

    石手寺へまはれば春の日暮れたり

    正岡子規

  • 伊予市

    夏の月提灯多きちまた哉

    正岡子規

  • 伊予市

    神鳴の図に乗り過ぎて落ちにけり

    夏目漱石

  • 東温市

    亡き母の小さき座布団伊豫絣

    森白象

  • 東温市

    まつらるゝ推古三面鵯の宮

    酒井黙禅

  • 前から
  • 遠くから
  • 後ろから
大きな地図をみる

▲ このページの先頭へ戻る