愛媛の句碑めぐり575

検索結果126件中 91件~105件 を表示しています

  • 松山市

    ていれぎの下葉浅黄に秋の風

    正岡子規

  • 松山市

    三津口を又一人行く袷哉

    正岡子規

  • 松山市

    花木槿家ある限り機の音

    正岡子規

  • 松山市

    おもしろや紙衣毛著ずに済む世なり

    正岡子規

    寒椿つひに一日のふところ手

    石田波郷

    初暦好日三百六十五

    村上霽月

  • 松山市

    うぶすなに幟立てたり稲の花

    正岡子規

  • 松山市

    春や昔十五万石の城下かな

    正岡子規

  • 松山市

    草むらや土手ある限り曼珠沙華

    正岡子規

  • 松山市

    門構へ小城下ながら足袋屋かな

    正岡子規

  • 松山市

    永き日や菜種つ多ひの七曲り

    正岡子規

  • 松山市

    賽銭のひびきに落ちる椿かな

    正岡子規

  • 今治市

    山茶花をうつくしとみてすぐ忘れ

    正岡子規

  • 新居浜市

    童ら能蝉さし尓来る社可那

    正岡子規

    風に聞け何れ可先に散る木の葉

    夏目漱石

    樟千年神さびをはす宮の秋

    柳原極堂

  • 伊予市

    世の中やひとり花咲く百日紅

    正岡子規

  • 伊予市

    ほろほろと椿こほるる彼岸哉

    正岡子規

  • 伊予市

    石手寺へまはれば春の日暮れたり

    正岡子規

▲ このページの先頭へ戻る