愛媛の句碑めぐり575

検索結果126件中 121件~126件 を表示しています

  • 喜多郡内子町

    きれ凧の廣野の中に落ち尓けり

    正岡子規

  • 喜多郡内子町

    糸のべて凧の尾垂るゝ水田哉

    正岡子規

  • 喜多郡内子町

    きれ凧や糸くひとむる鬼瓦

    正岡子規

  • 喜多郡内子町

    雨晴れて一本榎凧高し

    正岡子規

  • 西宇和郡伊方町

    朝霧や海を限りの伊豫の鼻

    正岡子規

  • 南宇和郡愛南町

    可ら鮭や市耳かく連天貧尓處す

    正岡子規

    竹一本葉四五枚に冬近し

    夏目漱石

    時鳥川上へ啼移る朝乃窓あけて居る

    河東碧梧桐

    蝶墜ちて大音響の結氷期

    富澤赤黄男

    泳ぎ女の葛隠るまで羞ぢらひぬ

    芝不器男

    う多は連天孤高をかしや樓二月

    松根東洋城

▲ このページの先頭へ戻る