愛媛県、南予9市町等で構成する南予広域連携観光交流推進協議会では、KDDI株式会社、四国旅客鉄道株式会社、全日本空輸株式会社等と協働し、南予地域の公共交通の利便性向上や、キャッシュレス環境の整備促進のため、南予観光型MaaS実証実験を実施します!
※MaaSとは「Mobility as a Service」の略で、様々な移動(モビリティ)をひとつのサービスとして捉え、利用者に提供する概念のことを指します。


今回の実証実験の目玉となるのは…\【えひめいやしの南予デジタルフリーパス】/

★松山駅から南予方面のJR(特急含む)、路線バス(一部路線除く)が乗り放題
★駅やバス車内にあるNFCタグやQRコードにスマホをかざしてパスを見せるだけで乗り降り可能!
アプリのインストール、会員登録、クレジットカードの登録不要

★JRやバスを乗り降りするたびに1ポイントが付与され、4ポイント貯めると連携する観光施設で最大600円分の割引きが受けられる!

などなど…とっても便利で魅力あふれるフリーパスです!

皆さんも便利でスムーズな南予の旅を体験してみませんか??

 
 

<利用期間>

令和2年10月29日(木)~令和2年12月31日(木)
※利用日の14日前から販売開始

 <本実証実験の概要・特徴>

 ・駅やバス車内にあるNFCタグやQRコードにスマートフォンをかざしてデジタルフリーパスを見せるだけで乗り降りができるシームレスな取り組みです。

 ・クラウドシステムを使うことにより、アプリのダウンロード・個人情報を入力する会員登録が不要かつ、登録済みの決済方法を使えば新たにクレジットカードの入力も不要という特徴があります。

 ・全日本空輸株式会社が提供する「ANAアプリ」上の「空港アクセスナビ」との連携により、観光型MaaSのデジタルフリーパスが購入、表示できます。

 ・南予地域のJRの駅にあるポスターにかざすと、周辺観光施設や飲食店の情報が閲覧でき、現在地から観光地、飲食店までのルート案内を行なえます。

 ・交通機関の乗車、降車、観光施設の入場ごとにポイントが貯まり、ポイントは観光施設の入場券と引き換えができるなど、観光地を巡れば巡るほど、おトクになります。

 ・旅行中に災害情報、緊急情報を容易に取得できる機能や、旅行保険に加入可能な機能を有しています。

 <えひめいやしの南予デジタルフリーパスについて>

南予全域フリーパス(販売期間:12月29日まで)
対象エリア:宇和島市、八幡浜市、大洲市、西予市、内子町、伊方町、松野町、鬼北町、愛南町
料   金:大人6,000円/小児3,000円
※松山空港または松山観光港のリムジンバス併用タイプは大人7,000円/小児3,500円となります。
有 効 期 限:3日間 

内子・大洲町並散策1日パス※(販売期間:12月31日まで)
対象エリア:内子町、大洲市
料   金:大人2,840円/小児1,420円 
※1 JRのみ乗り放題となります。
※2 ポイント付与機能はありません。

<南予観光MaaSキャンペーンサイト>

  https://www.jr-shikoku.co.jp/nanyofreepass/index.html
↑フリーパスの詳細や購入手続きについてはこちらをクリック↑
 

 

  • 【えひめいやしの南予デジタルフリーパス】南予観光型MaaS実証実験開始のお知らせ