いやしの南予(なんよ)

女性からの人気を呼んでいる南予に注目!

道後、しまなみ海道と並ぶ注目のエリアとして、若い女性を中心に人気を集めている南予。自然に、歴史に、郷土料理に、独特の地域文化を育んできた南予の魅力をお伝えします。
独特の風土と文化が息づくエリア
愛媛県の西南部に位置する南予は、4市5町からなる地域の総称です。リアス式海岸の宇和海、四国カルストや滑床渓谷など豊かな自然、大洲・内子・宇和など歴史や文化が息づくレトロな町並み、海・里・山の恵みを感じられる個性豊かな郷土料理など、愛媛の中でも独特の風土・文化が息づく場所。松山市内から高速道路が宇和島まで延長され、アクセスもスムーズになりました。さらに、南予を存分に楽しむ体験プログラムも充実し、グリーンツーリズムの宿もあちらこちらに。「急がず、ゆっくり」と過ごすのが、南予を楽しむキーワードです。
ユニークな観光プログラムを体験しよう
豊かな自然も素敵ですが、素朴で温かい「人情」も南予の魅力のひとつ。南予では地元の人たちによるユニークな観光プログラムをたくさん用意しています。
絶景を眺めたり、アクティビティを満喫したり
南予の魅力は、なんといっても豊かな自然!海岸部には熱帯魚やサンゴが生息する宇和海、内陸部には緑深い四国山地が広がります。美しい絶景は眺めるのはもちろん、ドライブを楽しんだり、アクティビティを満喫したり、楽しみ方はいろいろ。
内子・大洲・宇和をレトロ散歩
南予には、今もレトロな町並みが残っています。なかでも、内子、大洲、宇和は、南予を代表する町並み。見ごたえのある施設、飲食店やみやげもの店もそろい、散策するのに最適な場所です。江戸から明治、大正、昭和へと続く歴史の面影をたどってみましょう。
魚介を使った郷土料理は必食!
魚介をふんだんに使った南予の郷土料理はどれも個性豊かなものばかり。地元で愛されるおみやげと合わせて、南予の「おいしい」をご紹介します。
column
食のふるさと運動

食のふるさと運動

おいしい幸せプロジェクト!

「食べること」は人に幸せをもたらします。えひめいやしの南予博2016では、南予地域の豊かさの象徴、そして宝である「食」・「食文化」を見つめ、その魅力を再発見し、継承、発信する「食のふるさと運動~おいしい幸せプロジェクト」を展開しました。

独特の文化を見て、触れて、体験して
南予は、江戸時代には宇和島藩、大洲藩、伊予吉田藩、新谷藩の4つの藩が分立していたため、各地で独自の文化が花開きました。地元の人々によって大切に守り続けられた文化は、絶えることなく現在も伝承され続けています。
泊まることが目的になる里山の宿
空間に料理に内子の恵を感じられるオーベルジュ、里山の古民家で過ごす一棟貸しの宿など、愛媛県の中でも個性的な宿が集まる南予。なかでも、豊かな自然を活かしたグリーンツーリズムの宿や農村民宿が多いのも南予ならではの特徴のひとつです。
column
南予を舞台にしたキャンペーン

南予を舞台にしたキャンペーン

多くのイベントやプログラムが誕生!

愛媛県および南予地域の市町では、南予地域を舞台に、過去3回にわたり大型観光キャンペーンを実施してきました。2004年には「えひめ町並博」、2012年には「えひめ南予いやし博」、2016年には「えひめいやしの南予博」を行い、それらをきっかけとして地域の人たちによるユニークな体験や観光プログラムが数多く誕生。南予への旅の利便性が高まり、その魅力が大きく膨らんでいます。