愛媛のみかんは種類いろいろ

新しい品種が続々登場!進化する愛媛のみかん

愛媛のかんきつ生産量は年間約21万トン。100年以上の歴史とその中で育まれた技術や研究によって、国内ではダントツのシェアを占めています。品種も多彩に揃う愛媛のみかんをご紹介します。
メインどころ約17品種を一挙ご紹介
みかん、いよかん、デコポンなどを含め、生産品種が多いのも愛媛県の特長。みかんとオレンジを交配した「清見」を中心に、かんきつ同士をかけあわせた新しい品種の開発も進められています。甘みが強いもの、酸味を感じるものなど、味もさまざま。全国でもトップレベルの生産量と品種を誇り、今後の研究にも期待が高まります。
一年を通して楽しめるかんきつ類
みかんの主な集荷時期は10月~1月ですが、ハウス栽培やかんきつの種類が増えたことにより、一年を通して美味しく食べられるようになりました。品種によって収穫時期が異なるので、ぜひ食べ比べてお気に入りを見つけてみて。
一度は食べてみたい!愛媛のオリジナル品種
果肉が甘くやわらかく、まるでゼリーのようなぷるぷるの食感が楽しめる「紅まどんな」。平べったい形で甘くシャキッとした食感が特徴、袋ごと食べられる手軽さが好評の「甘平」。どちらも愛媛が誇る自慢のオリジナル品種です。
column
宝石の輝き!Queenスプラッシュ

宝石の輝き!Queenスプラッシュ

厳選された最高級品のみかん

西之香とポンカンをかけあわせてできたオリジナル品種「甘平」の中から、糖度が13度以上で酸度が1.2%未満という厳しい基準をクリアしたものだけを「愛媛Queenスプラッシュ」と名付けています。贈答品や自分へのご褒美におすすめ!