土居のいもたき

どいのいもたき
  • 土居の特産品である里芋にこだわり、町内産で新品種の「伊予美人」を使用している。
  • 心地良い風が吹く夕暮れの河原で、家族や仲間と鍋を囲んで賑やかに楽しめる。
  • 土居町をゆったりと流れる関川の河川敷で、中秋の名月を愛でながら和やかな雰囲気に包まれる会場。

地元の特産・里芋を肴に秋の夜の宴
美しい月を眺めながら旬の里芋を味わう、愛媛県の秋には欠かせない伝統的な行事。土居町のいもたきは関川の河川敷に並べられたテントの下で鍋を囲んで行われる。鍋は、鶏がらを煮込んだしょうゆベースのダシに、地元特産品の里芋を始め、鶏肉やネギ、豆腐など約10種類の具が入っている。色が白く大粒が特徴である町内産の里芋は、手間暇かけて準備され、ダシの効いたスープも当日3時間かけて煮込まれるというこだわり。里芋に舌鼓を打ちつつ、大勢で賑やかに秋を満喫できる。
マイリストに追加 フォトツアーを見る
開催期間 2018年9月7日~2018年9月30日
開催時間 17:30~21:00
住所 愛媛県四国中央市関川河川敷ふるさと広場
電話番号 0896-74-8825(土居のいもたき運営委員会)
休業日 期間中無休(雨天決行、荒天時中止)
料金 一人前1500円
駐車場 あり 約100台
駐車場代 無料
備考 ※3日前までに要予約(予約受付開始8月25日~、予約受付時間9:00~17:00)
※団体の方で、15人前以上の予約の場合は5日前に要予約
※2018年9月1日(土)、9月2日(日)は休業
※1組3名以上、1日250名まで
※材料のみの持ち帰りも可能

このスポットから近い「道の駅」

このスポットから近い「温泉施設」

このページを見ている人は、こんなページも見ています