つづら淵

つづらふち
  • 毎日水を汲みに来る人もいるほど地元住民に親しまれているつづら淵は、愛媛県内で唯一、平成の名水百選に選ばれている。
  • 1200年以上も前から清水が湧き出るつづら淵は、「若水社」として今も花やしきみが飾られ、地元住民に厚く信仰されていることをうかがわせる。
  • 町内の有志によって清掃活動が行われ、現在も清らかな水が湧き続ける。つづら淵の水で珈琲を淹れるとまろやかな味わいになると評判。

県内で唯一選定された平成の名水百選
1200年以上前から不思議な効能のある水として地元住民の信仰を集めている清水。この淵には、奈良時代を起源とする龍伝説があり、日照りの際に石鎚山の神様が創った笹ヶ峰にある池の水を持ち帰り、つづら淵に注ぐと龍が雨を降らせてくれると伝えられている。また近年では、毎年1月7日の早朝に、市内にある一宮神社の宮司が神事をした後、年男と年女が水を汲み、無病息災を願うという行事である「若水くみ」が行われるなど、地元住民になくてはならない存在となっている。
マイリストに追加 フォトツアーを見る
住所 愛媛県新居浜市若水町2-5
電話番号 0897-65-1303(新居浜市役所 スポーツ文化課)
駐車場 なし