大成神宮

たいせいじんぐう

深い山中に鎮座する秘境の聖域
大成地区の深い山中に鎮座する大社殿で、「郡内第一の宮」と言われていた「大成八幡宮」が、大正時代の焼失後、時を越え平成に入り大成神宮と名を変えて再建された。境内には、まるで竜宮城を思わせる華やかな「金鳶殿」を始め、神を想う「惟神殿」や風格ある外観の「鮮雲殿」など、多くの見どころが点在している。古くから「大成の六社さん」と呼ばれた本宮は、現在でも変わらず人生の大成・勝利の神として広く崇敬を集めている。
マイリストに追加 フォトツアーを見る
住所 〒791-1702 愛媛県上浮穴郡久万高原町大成
電話番号 089-976-7777(南高井病院 総務課)
車でのアクセス 松山ICより国道33号を高知方面に約30分
県道12号、国道494号を経由し約35分
役場面河支所を過ぎてすぐの大成ゲートをくぐり約15分
トイレ
駐車場 あり 約20台
駐車場代 無料