松山市内を堪能する旅(文学コース)
公共交通機関を使って、松山のマストスポットを上手にまわる王道コース。 文学好きの方にお薦めの文学重点コースです!
START
JR松山駅
↓ 市内電車「道後温泉行き」で約12分、県庁前下車徒歩約2分
1

坂の上の雲ミュージアム

「坂の上の雲」を目指し続けた明治の軌跡
  • 坂の上の雲ミュージアム
  • 坂の上の雲ミュージアム
  • 坂の上の雲ミュージアム
  • 坂の上の雲ミュージアム
司馬遼太郎著「坂の上の雲」の主人公であり、松山が生んだ偉人でもある、「秋山兄弟」と「正岡子規」に関連する展示品を中心に、「坂の上の雲」の世界に案内してくれるミュージアム。当時の日本と登場人物達が歩んだ道を、原作を読んでいない人でも豊富な展示品などから分かりやすく学ぶことができる。
松山城ロープウェイ東雲口駅まで徒歩約10分
ロープウェイ約3分orリフト約6分
ロープウェイ(リフト)を降りてから歩いて約10分で本丸に着く
2

松山城

松山の中心部にそびえる名城
  • 松山城
  • 松山城
  • 松山城
  • 松山城
  • 松山城
  • 松山城
天守は全国で12カ所しか残っていない江戸時代以前から現存する12天守のひとつであり、城内の21棟の建物が国の重要文化財に指定されている。天守は小天守および隅櫓と結ばれた連立式の構造であり、防備に優れた建造物群は日本の代表的な城郭建築である。司馬遼太郎著『坂の上の雲』の序文で文学都市松山の象徴として描かれるなど、松山市のシンボルとして親しまれている。松山の城下町を見守ってきた城は、これからも松山市の発展を見守り続ける。
ロープウェイ約3分orリフト約6分
松山城ロープウェイ東雲口駅から徒歩
3

ロープウェー街(昼食)

「和:なごみ」をコンセプトにした美しい街並み
  • ロープウェー街(昼食)
  • ロープウェー街(昼食)
  • ロープウェー街(昼食)
  • ロープウェー街(昼食)
  • ロープウェー街(昼食)
松山城のすぐ麓、ロープウェイへと続くストリートの商店街。落ち着いた景観の中にお洒落な品ぞろえの店が並ぶ。宇和島を代表する「鯛飯」や、愛媛ブランドの第一人者「今治タオル」をはじめ、愛媛ならではのグルメ店・おみやげ店が数多く点在。蛇口をひねると出てくるみかんジュースが観光客から好評。全国でもめずらしいバリアフリー化された商店街で、ゆったりとした風情が漂う。
市内電車大街道駅から「道後温泉行き」で約10分、道後温泉駅下車徒歩約5分
4

子規記念博物館

近代俳句の基礎を築いた子規の生涯に触れる
  • 子規記念博物館
  • 子規記念博物館
  • 子規記念博物館
  • 子規記念博物館
  • 子規記念博物館
  • 子規記念博物館
  • 子規記念博物館
重い持病のため、何度も夢を諦めなければならなかったにもかかわらず、その都度新しい志を見出して明治という新時代を駆け抜けた松山出身の俳人・正岡子規。実物資料やレプリカなどの資料およそ300点を常時展示しており、映像コーナーにより子規の生きた軌跡と松山の歴史・文学を誰にでもわかりやすく紹介。また、夏目漱石と52日にわたり同居した「愚陀佛庵」の復元も展示。ボランティアガイドによる英語ガイド(要予約)などの要請にも対応してくれる。
徒歩約12分
5

熊野山 石手寺

味わい深い摩訶不思議なパワースポット
  • 熊野山 石手寺
  • 熊野山 石手寺
  • 熊野山 石手寺
  • 熊野山 石手寺
四国八十八箇所霊場の51番札所となる寺院。あらゆる不思議を秘めたスポットとして、お遍路さんのみならず多くの観光客で賑わう。国宝の仁王門や、本堂を始め鐘楼や五輪塔などの重要文化財を多く所有している。また、安産祈願の鬼子母神だけでなく、宝物館やマントラ洞、奥の院など何度来ても飽きないくらい見どころ満載。不思議スポット&パワースポット巡りが好きな人はもちろん、行けば行くほど味が出るスポットに一度は訪れて欲しい。
徒歩約16分
6

道後温泉本館

3000年の歴史を誇る天下の古湯
  • 道後温泉本館
  • 道後温泉本館
  • 道後温泉本館
  • 道後温泉本館
  • 道後温泉本館
  • 道後温泉本館
  • 道後温泉本館
  • 道後温泉本館
  • 道後温泉本館
  • 道後温泉本館
古くは古事記や万葉集にも登場し日本最古といわれる温泉で、趣のある城郭式・木造三層楼の本館は、建物全体が国の重要文化財。「坊っちゃん」を始め、小説や映画などの幾多の名作に松山の顔として登場している。すべすべした肌触りの名湯を堪能した後は、文化の薫り漂う道後の街並を浴衣に着替えて散策すれば、温泉情緒がよりいっそう盛り上がる。
徒歩
7

道後散策・道後商店街(お土産)

温泉街を浴衣姿でそぞろ歩き
  • 道後散策・道後商店街(お土産)
  • 道後散策・道後商店街(お土産)
  • 道後散策・道後商店街(お土産)
  • 道後散策・道後商店街(お土産)
道後温泉本館の建物に隣接した商店街で、「道後ハイカラ通り」の愛称で親しまれている。みやげ物店や飲食店など観光客向けの店が軒を連ね、その多くは朝9時から夜の10時まで営業。道後温泉本館と道後温泉駅を結んでおり、温泉街らしく浴衣姿でそぞろ歩きを楽しめる。「道後村めぐり」というスタンプラリーを実施しており、30ヶ所すべてのスタンプを集めて道後観光案内所内にある道後村役場村民課に提出すると、名誉村民の証書、道後温泉の入浴チケット、記念品がもらえる。
市内電車道後温泉駅から「松山市駅前行き」に乗車、坊っちゃん列車もしくは市内電車で約20分
松山市駅下車徒歩約4分
8

子規堂

正岡子規のルーツを探る
  • 子規堂
  • 子規堂
  • 子規堂
  • 子規堂
俳人・正岡子規が17歳まで過ごした邸宅を復元した建物で、子規が使っていた机や遺墨、遺品などを展示しており、子規が過ごした勉強部屋も再現している。子規は日本に導入されたばかりの野球に夢中となり、数々の野球に関する句を残すなど野球と深い関係があることから、子規と野球の碑も敷地内に建てられている。また、子規の3周忌に正宗寺の住職・仏海が建てた、遺髪を埋葬した埋髪塔などもある。子規が過ごした風情ある子規堂では、心が落ち着き、なにかよい句が浮かんでくるかも。
GOAL