道後温泉本館

どうごおんせんほんかん
  • 道後温泉の象徴にふさわしい風雅な本館。屋上の赤いギヤマン張りの振鷺閣(しんろかく)は日に3回、定刻になると刻太鼓を打ち鳴らして時を告げる。
  • 銭湯感覚で気楽に入れる「神の湯」は、小説の中で「坊っちゃん」が泳いだ浴室のモデル。壁には「坊っちゃん泳ぐべからず」の注意書きが!
  • 湯上りは浴衣に着替えて「神の湯二階休憩室」へ。
  • お茶と坊っちゃん団子で一休み。二階席や三階席の利用で、お茶菓子や浴衣の貸し出しが受けられる。(二階席はおせんべい)
  • 趣きのある書体の正面看板。風格を感じさせる。
  • 人力車に乗り、俥夫のガイド付きで温泉街を巡るのもおすすめ。
  • レトロなガス灯が大正時代のような情緒を演出。
  • 「又新殿(ゆうしんでん)」は日本唯一の皇室専用の浴室で、豪華絢爛の中にも荘厳さと優雅さを漂わせている。
  • 複雑な造りの木造建築。部屋、廊下、階段が入り組み、迷宮さながら。
  • 木の下駄箱にも、昔ながらの風情が漂う。

3000年の歴史を誇る天下の古湯
古くは古事記や万葉集にも登場し日本最古といわれる温泉で、趣のある城郭式・木造三層楼の本館は、建物全体が国の重要文化財。「坊っちゃん」を始め、小説や映画などの幾多の名作に松山の顔として登場している。すべすべした肌触りの名湯を堪能した後は、文化の薫り漂う道後の街並を浴衣に着替えて散策すれば、温泉情緒がよりいっそう盛り上がる。
マイリストに追加 フォトツアーを見る この施設はみかん人倶楽部参画施設です。おトクな観光スマホアプリ「みかん人倶楽部」とは?

神の湯

  • 神の湯・男性浴室
    神の湯・男性浴室
  • 神の湯・男性浴室・源泉跡
    神の湯・男性浴室・源泉跡
  • 神の湯・男性浴室・脱衣所
    神の湯・男性浴室・脱衣所
  • 神の湯・二階休憩室
    神の湯・二階休憩室
  • 神の湯・男性浴室
    神の湯・男性浴室
  • 神の湯・男性浴室
    神の湯・男性浴室
  • 神の湯・男性浴室
    神の湯・男性浴室
  • 神の湯・男性浴室
    神の湯・男性浴室
石造りの浴室に砥部焼の陶板画が飾られ、大きな円柱形の「湯釜」と呼ばれる湯口が鎮座する浴槽は、道後温泉本館の独特な雰囲気を作り出しています。浴室は男湯2室、女湯1室で、女湯の浴槽中央には道後温泉の伝説に登場する大国主命と少彦名命の像が立っています。
【神の湯2階席】大人 840円 小人(2~11歳)420円 営業時間 6:00〜22:00(札止 21:00) 利用時間 1時間以内
【神の湯階下】大人 410円 小人(2~11歳)160円 営業時間 6:00〜23:00(札止 22:30) 利用時間 1時間以内

霊の湯

  • 霊の湯・男性浴室
    霊の湯・男性浴室
  • 霊の湯・三階個室
    霊の湯・三階個室
  • 霊の湯・三階個室
    霊の湯・三階個室
神の湯に比べこじんまりとしていますが、花崗岩かこうがんの中でも最高級といわれる庵治石あじいしや大島石を使った浴室に、壁面には大理石を使用するなど、高級感があふれる浴室になっています。
【霊の湯3階個室】大人 1,550円 小人(2~11歳)770円 営業時間 6:00〜22:00(札止 20:40) 利用時間 1時間20分以内
【霊の湯2階席】大人 1,250円 小人(2~11歳)620円 営業時間 6:00〜22:00(札止 21:00) 利用時間 1時間以内

観覧施設

  • 坊っちゃんの間
    坊っちゃんの間
  • 坊っちゃんの間
    坊っちゃんの間
  • 又新殿
    又新殿
  • 又新殿
    又新殿
  • 又新殿
    又新殿
  • 又新殿
    又新殿
  • 又新殿
    又新殿
【又新殿】
明治32年(1899)に建てられた又新殿は、日本で唯一の皇室専用浴室です。桃山時代の様式を模して造られた建物は、絢爛・豪華、そして優美さを誇る造りとなっています。木材、石材とも上質な材料を使用し、金箔や襖絵に目を奪われますが、障子の組子に変化を持たせたり、天井の張り方を市松模様にするなど、細かく丁寧な仕事は職人の自負を感じることができます。
観覧料 大人260円 小人130円(6歳〜) 営業時間 6:00〜21:30(札止 21:00) 利用時間 案内時間内(15分程度)

【坊っちゃんの間】
道後温泉本館竣工後の明治28年(1895)に松山に赴任した夏目漱石(なつめそうせき)がその年の10月、正岡子規(まさおかしき)と利用したといわれる個室(本館三階個室の北西の角部屋)で、昭和41年(1966)に、夏目漱石の娘婿である文人・松岡譲氏により「坊っちゃんの間」と命名されました。来館者に無料公開されていますので、文豪・夏目漱石が通った頃の面影を今でも味わうことができます。
住所 愛媛県松山市湯之町5-6
電話番号 089-921-5141
営業時間 6:00~23:00(札止め22:30) ※コースにより異なる
休業日 無休
※2018年12月4日(火曜日)に年末大掃除のため1日臨時休業有り。
 2019年1月15日(火曜日)(予定)~霊の湯浴室(男女)、2階・3階休憩室、又新殿は保存修理工事のため休館
 1階神の湯は営業(時期は未定ですが、3日間の休館を予定)
料金 [霊の湯3階個室]大人1550円/小人(2~11歳)770円
[霊の湯2階席]大人1250円/小人(2~11歳)620円
[神の湯2階]大人840円/小人(2~11歳)420円
[神の湯階下]大人410円/小人(2~11歳)160円
[又新殿観覧料]大人260円/小人(6~11歳)130円
駐車場 [道後温泉駐車場]100台
[道後温泉祝谷東町駐車場]43台
駐車場代 100円/30分
※道後温泉駐車場は、本館ご利用の方は駐車券を認証機に通すことにより1時間無料。祝谷東町駐車場は、1時間まで無料。

このスポットから近い「道の駅」

このスポットから近い「温泉施設」

このスポットに行くモデルコース

このページを見ている人は、こんなページも見ています