松山城

まつやまじょう
  • 愛媛県内では、宇和島城と共に「現存12天守」の一つである松山城天守。
  • 江戸時代の鎧や刀を展示。城内の展示物はどれも貴重な品々ばかり。
  • 天守からは松山平野を360°見渡すことができ、遠く石鎚山から伊予灘までが一望できる。
  • 天守が再建された江戸時代の落書きが書かれた下見板で、小天守に展示。

松山の中心部にそびえる名城
天守は全国で12カ所しか残っていない江戸時代以前から現存する12天守のひとつであり、城内の21棟の建物が国の重要文化財に指定されている。天守は小天守および隅櫓と結ばれた連立式の構造であり、防備に優れた建造物群は日本の代表的な城郭建築である。司馬遼太郎著『坂の上の雲』の序文で文学都市松山の象徴として描かれるなど、松山市のシンボルとして親しまれている。松山の城下町を見守ってきた城は、これからも松山市の発展を見守り続ける。
マイリストに追加 フォトツアーを見る この施設はみかん人倶楽部参画施設です。おトクな観光スマホアプリ「みかん人倶楽部」とは?
住所 愛媛県松山市丸之内1
電話番号 089-921-4873(松山城総合事務所)
営業時間 9:00~17:00(入場は営業終了時間の30分前まで)
※季節により異なる
休業日 12月第3水曜日
料金 [天守観覧料]大人(中学生以上)510円/小人(小学生)150円
※幼児(小学生未満)は大人1名につき2名まで無料
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の所有者は介護人1名無料(手帳を要提示)
※25名以上から団体割引あり
アクセス JR松山駅から市内電車で「大街道」下車 徒歩5分
車でのアクセス 松山ICから車で約20分
駐車場 あり(普通車20台/バス8台)
※車で城山山頂に上がることはできません。
駐車場代 [松山城駐車場]
普通車410円/2時間 以降30分毎100円
バス1030円/2時間 以降30分毎200円

このスポットから近い「道の駅」

このスポットから近い「温泉施設」

このスポットに行くモデルコース

このページを見ている人は、こんなページも見ています