松山市内&砥部焼の里を巡る旅
城下町・松山から、道後温泉本館へ。ハイカラ通りには老舗店舗が建ち並び、ランチやおみやげ探しなどお楽しみが満載です。砥部焼の里では、陶工気分で陶芸体験を楽しんで!窯元巡りもおすすめです。
START
JR松山駅
↓市内電車「道後温泉行き」で約12分、県庁前下車徒歩約2分
1

萬翠荘

上流社会の談笑が今も聞こえる華麗なサロン
  • 萬翠荘
  • 萬翠荘
  • 萬翠荘
  • 萬翠荘
旧松山藩主の子孫にあたる久松定謨伯爵の別邸として建てられた、フランス・ルネッサンス様式の洋館。皇族の立ち寄り所や、各界の名士が集まる社交の場として利用されてきた。現在では建築当時の華麗な姿を今に活かし、イベントや展示会場として利用されている。市街中心部に位置しながらも、喧騒から隔絶させられる特別な場所で、当時の大正ロマンを感じることができる。
松山城ロープウェイ東雲口駅まで徒歩約10分
ロープウェイ約3分orリフト約6分
ロープウェイ(リフト)を降りてから歩いて約10分で本丸に着く
2

松山城

松山の中心部にそびえる名城
  • 松山城
  • 松山城
  • 松山城
  • 松山城
  • 松山城
  • 松山城
天守は全国で12カ所しか残っていない江戸時代以前から現存する12天守のひとつであり、城内の21棟の建物が国の重要文化財に指定されている。天守は小天守および隅櫓と結ばれた連立式の構造であり、防備に優れた建造物群は日本の代表的な城郭建築である。司馬遼太郎著『坂の上の雲』の序文で文学都市松山の象徴として描かれるなど、松山市のシンボルとして親しまれている。松山の城下町を見守ってきた城は、これからも松山市の発展を見守り続ける。
ロープウェイ約3分orリフト約6分
松山城ロープウェイ東雲口駅から徒歩約5分、市内電車大街道駅から「道後温泉行き」に乗車
坊っちゃん列車もしくは市内電車で約10分、道後温泉下車
3

道後温泉本館

3000年の歴史を誇る天下の古湯
  • 道後温泉本館
  • 道後温泉本館
  • 道後温泉本館
  • 道後温泉本館
  • 道後温泉本館
  • 道後温泉本館
  • 道後温泉本館
  • 道後温泉本館
  • 道後温泉本館
  • 道後温泉本館
古くは古事記や万葉集にも登場し日本最古といわれる温泉で、趣のある城郭式・木造三層楼の本館は、建物全体が国の重要文化財。「坊っちゃん」を始め、小説や映画などの幾多の名作に松山の顔として登場している。すべすべした肌触りの名湯を堪能した後は、文化の薫り漂う道後の街並を浴衣に着替えて散策すれば、温泉情緒がよりいっそう盛り上がる。
徒歩
4

道後散策・道後商店街(昼食)

温泉街を浴衣姿でそぞろ歩き
  • 道後散策・道後商店街(昼食)
  • 道後散策・道後商店街(昼食)
  • 道後散策・道後商店街(昼食)
  • 道後散策・道後商店街(昼食)
道後温泉本館の建物に隣接した商店街で、「道後ハイカラ通り」の愛称で親しまれている。みやげ物店や飲食店など観光客向けの店が軒を連ね、その多くは朝9時から夜の10時まで営業。道後温泉本館と道後温泉駅を結んでおり、温泉街らしく浴衣姿でそぞろ歩きを楽しめる。「道後村めぐり」というスタンプラリーを実施しており、30ヶ所すべてのスタンプを集めて道後観光案内所内にある道後村役場村民課に提出すると、名誉村民の証書、道後温泉の入浴チケット、記念品がもらえる。
市内電車「松山市駅前行き」で約13分、県庁前駅下車
バス「久万高原行き」で約40分、砥部下車徒歩8分
5

砥部焼伝統産業会館

砥部焼の歴史を学び、砥部焼の技術を伝承する
  • 砥部焼伝統産業会館
  • 砥部焼伝統産業会館
  • 砥部焼伝統産業会館
  • 砥部焼伝統産業会館
砥部焼の歴史を学ぶことができる、砥部町内唯一の施設。砥部焼の歴史的資料を始め、製造過程を説明したパネルや優れた作品を見ることができる。2階フロアでは、企画展が年8回ほど開催されており、いつ来ても飽きない展示スペースとなっている。施設のシンボルとして1階ロビーに置かれた高さ160㎝、重さ300kgを誇る巨大地球儀は「生命の碧い星」と呼ばれ、国連本部に寄贈されたものの姉妹品である。
徒歩orレンタサイクルなど
6

砥部焼の里巡り(陶芸体験など)ー砥部町陶芸創作館ー

砥部焼を創る楽しさを伝えてくれる
  • 砥部焼の里巡り(陶芸体験など)ー砥部町陶芸創作館ー
  • 砥部焼の里巡り(陶芸体験など)ー砥部町陶芸創作館ー
  • 砥部焼の里巡り(陶芸体験など)ー砥部町陶芸創作館ー
  • 砥部焼の里巡り(陶芸体験など)ー砥部町陶芸創作館ー
砥部焼を創る楽しさを体験する施設で、砥部焼の販売は一切行わず3つの体験コースを用意している。いろいろな器から好きなものを選び、絵や言葉を書く「絵付け体験」、電動ろくろを使用し好きな形を創る「ろくろ体験」、手ろくろの上で押し広げたりつまんだり、型に木べらでたたいて整形する「手びねり体験」があり、好みに応じた方法でオリジナルの砥部焼を創ることができる。
徒歩orレンタサイクルなど
7

砥部焼の里巡り(陶芸体験など)ー梅山窯ー

砥部焼の伝統を支え続ける老舗の窯元
  • 砥部焼の里巡り(陶芸体験など)ー梅山窯ー
  • 砥部焼の里巡り(陶芸体験など)ー梅山窯ー
  • 砥部焼の里巡り(陶芸体験など)ー梅山窯ー
  • 砥部焼の里巡り(陶芸体験など)ー梅山窯ー
砥部焼の古くからの伝統を堅く守り、伝統的な形や絵付の作品を作り続けている100年余りの歴史を持つ窯元。すべて職人の手作業による工程で進められ、1ヶ月かけて「用」と「美」を兼ね備えた実用工芸品が作られる。併設されている窯元直売所では、丹念込めて作られた工芸品はもちろん、絵付け体験コーナーもあり、伝統に触れながら砥部焼の作り方を肌で感じられるようになっている。
GOAL