坊っちゃん列車

ぼっちゃんれっしゃ
  • 松山城を横目に、蒸気を吐きだしながら市内を走る「坊っちゃん列車」。
  • 木で装飾されたモダンな客車内からは、明治の雰囲気が漂っている。
  • 道後温泉駅では、列車の到着後が記念撮影のチャンス!「坊っちゃん列車」と「道後温泉駅」を写真に収めたい。

復元された「マッチ箱のような汽車」
明治21年から67年間、市民の足として親しまれ、夏目漱石の小説「坊っちゃん」の主人公が乗ったことから、いつしか「坊っちゃん列車」という愛称で親しまれるようになった。当時は、蒸気機関車の特徴である黒い煙を吐き出し走っていたが、現在ではディーゼル車両として復元。運行する車掌は、当時を思わせるような出で立ちで観光客を楽しませている。松山の市街地から道後温泉まで景色を楽しみながら当時の雰囲気が味わえる。
マイリストに追加 フォトツアーを見る
住所 愛媛県松山市道後
電話番号 089-948-3222(伊予鉄道株式会社 庶務課)
営業時間 9:30~17:33(松山市駅~道後温泉駅)
休業日 年中無休
料金 大人800円/小児400円
駐車場 なし
備考 道後温泉駅~松山市駅 始発便8:55~最終便16:56/ 松山市駅~道後温泉駅 始発便9:30~最終便17:33

このスポットから近い「道の駅」

このスポットから近い「温泉施設」

このページを見ている人は、こんなページも見ています